婚活サイトでのよりよい出会いを目指すサイト

>

婚活サイトで充実した出会いと未来を実現する

婚活サイトとはどんなものなのか

「婚活」という言葉は、今から10年ほど前に、ある学者が提唱した言葉であり「就職活動」をもじった言葉として使ったのが始まりです。
つまり「婚活」という言葉が使われるようになったのは、ここ10年くらいの間であったのですが、婚活という言葉が含む活動自体は、ずっと前から行われていました。
例えば「お見合い」は、戦前や戦後すぐから長年行われていたものですし、結婚相談所の原型は1970年代にはすでに出来上がっていました。
ただ、インターネットを用いた婚活の仕方は、日本全国でインターネット回線が普及し始めた2000年代に入ってからのことでした。
そのインターネットの発展とともに出現したのが、プロフィールを掲載して出会いを求める「婚活サイト」だったのです。

婚活サイトの歴史を知ろう

「婚活サイト」の誕生から現在までの発展の歴史は、日本におけるインターネット利用環境の拡大とほぼ重なっています。
ただ、インターネット上で出会いを求めるという動きは、お見合いサイトや婚活サイトのような健全な真剣な出会いを提供するサービスよりも「出会い系サイト」のような、社会問題化したようなサービスの方が大量に発生し、そしてそちらの方が目立ってしまったというスタートがありました。
インターネット普及の初期段階では、法律の整備も追いついておらず、そうした悪質な出会い系サイトが蔓延ってしまっていたようです。
その後、法律の整備が進み、悪質な会社は追い払われ、健全なサービスを活用できる現在の状況が整いました。