婚活サイトでのよりよい出会いを目指すサイト

>

婚活サイト以外の、様々な出会い方

未来につながる出会い方はさまざま

明治以前の日本では、結婚は「身分が同格」や「親や上司が相手を決める」ことがほとんどでした。
明治に入り、少しずつ自由恋愛が浸透していきましたが、それでも第二次大戦後までは、身分違いの結婚や周囲の意見による結婚が多くありました。
戦後、身分の差は否定され、自由恋愛が増えてきましたが、それでも人の活動範囲は大体決まっていて、お見合いか職場結婚が多数でしたが、大学進学率が上がったため、大学生活での出会いから結婚につながるケースも増えていきました。
そして現在は、インターネットの発達で趣味関係での繋がりも容易に持てるようになり、より多様なきっかけでの出会いが実現するようになったのです。
それもあり、金銭面などでの条件はあっても、性格やフィーリングを大事にしたいと考える人々も増え続けています。

根強い結婚相談所

先の項では「自由恋愛が増えてきた」と解説しましたが、だからと言って昔ながらの方法が消えうせてしまったというわけでもなく、信頼度が高い方法として根強く残っているものがあります。
その一例が、先のページでも触れた「実店舗を有する結婚相談所」の存在です。
結婚相談所も「信頼」を置かれることで経営が成り立っている面が強いので、安くは無い(入会金だけで数万円掛かる相談所がほとんどです)お金を支払って、それで適当な相手探しをすることはありません。
だからこそ、自分が求める相手の条件を明確に相談所のスタッフに伝えることが大事なのですが、出会うまでの間にいくつものハードルを敢えて課すことで、より安心できる出会いを提供してもらえるという安心感が、根強い相談所人気に繋がっているものと考えられます。